その他の競馬商材実践検証記事

カシオペアステークス 2020年11月1日(日曜)京都競馬場 芝1800mの競馬レース結果見解

このレース結果見解では行われたレースを踏まえて見解を行っています。当サイトオリジナル特典やプレゼントにてお渡ししている競馬ノウハウと組合せてご覧いただければ幸いです。

本日は「カシオペアステークス」でのレース見解となります。

 

カシオペアステークス 2020年11月1日(日曜)京都競馬場|出走馬

1.アドマイヤアルバ 岩田 望来
2.コスモカレンドゥラ 国分 優作
3.ランブリングアレー 吉田 隼人
4.ブレイキングドーン 川須 栄彦
5.ワンダープチュック 団野 大成
6.サトノフェイバー 古川 吉洋
7.カリビアンゴールド 藤岡 康太
8.ボッケリーニ 松山 弘平
9.ワイプティアーズ 松若 風馬
10.クラージュゲリエ 幸 英明
11.アメリカズカップ 小牧 太
12.ヴァンケドミンゴ 酒井 学
13.ヴァルディゼール 藤岡 佑介
14.レッドガラン 浜中 俊
15.オールフォーラヴ 坂井 瑠星
16.テーオービクトリー 太宰 啓介
17.ノーブルマーズ 高倉 稜
18.クリノヤマトノオー 和田 竜二

 

カシオペアステークス 2020年11月1日(日曜)京都競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 3番 ランブリングアレー
2着 8番 ボッケリーニ
3着 12番 ヴァンケドミンゴ

単勝
3 440円 2番人気

複勝
3 170円 2番人気
8 150円 1番人気
12 390円 6番人気

枠連
2-4 680円 2番人気

ワイド
3-8 370円 1番人気
3-12 1,730円 16番人気
8-12 1,130円 8番人気

馬連
3-8 780円 1番人気

馬単
3-8 1,430円 1番人気

三連複
3-8-12 4,640円 7番人気

三連単
3-8-12 15,810円 19番人気

 

カシオペアステークス 2020年11月1日(日曜)京都競馬場|レース内容

今のスタンドが見守る最後のメインレース、カシオペアステークスがスタートしました。

まずは先行争いに移ります。外18番クリノヤマトノオー、内からは6番のサトノフェイバー、ついて行く7番カリビアンゴールド。隊列が定まりつつあって周回コース、向こう正面に入って行きます。

先頭は6番のサトノフェイバーがリードを1馬身取りました。2番手は7番のカリビアンゴールド、外には18番クリノヤマトノオー、間からは3番ランブリングアレー、好位に取り付いて2番のコスモカレンドゥラ、その後に14番レッドガランが行きます。

この内に13番ヴァルディゼール、そのあと3頭、4番ブレイキングドーン、8番ボッケリーニが中団の一角で、先頭までは10馬身近く。

外に17番ノーブルマーズ、直後に10番クラージュゲリエ、外から15番のオールフォーラヴ、インコースからは5番のワンダープチュック、中に12番ヴァンケドミンゴ、坂の頂上に差し掛かります。

1番のアドマイヤアルバが続いて行って、その後16番テーオービクトリー、スタートからの1000m地点を59秒3で行っています。

16番テーオービクトリーの後ろは2頭、9番のワイプティアーズと11番アメリカズカップ、坂の下り。残り600mの標識、先頭は6番のサトノフェイバー、並び掛けます7番のカリビアンゴールド、3番手18番のクリノヤマトノオー。

第4コーナーをカーブ、直線コースへ向かいます。

7番カリビアンゴールドが後続を引き連れる形になった。内6番サトノフェイバーも抵抗。3番手広がっていますが2番コスモカレンドゥラ、間を割ろうと3番のランブリングアレー。

内をすくって8番のボッケリーニ、外から追って来る14番のレッドガランですが、先頭は7番のカリビアンゴールド、外から捕らえに行って3番のランブリングアレー。この内から8番ボッケリーニ、抵抗する6番サトノフェイバー、外からは14番レッドガラン。

抜けたのは3番ランブリングアレー、8番ボッケリーニは2番手か、外から追って来るのは14番レッドガラン、12番ヴァンケドミンゴ。

3番ランブリングアレーが1着でゴールイン。

1着 ランブリングアレー(3番)
2着 ボッケリーニ(8番)
3着 ヴァンケドミンゴ(12番)

カシオペアステークス 2020年11月1日(日曜)京都競馬場|レース見解とポイント

カシオペアステークスは1987年に創設されたオープンクラスの中距離戦で、スーパーホーネットやトゥザグローリーは当レースを制した後に重賞を制覇。逆に、ビッグゴールドやサクラメガワンダーといった多くの重賞勝ち馬も出走している一戦です。

勝ったのは2番人気のランブリングアレーでした。

スタートから好位を取りに行く構えを見せると、スムーズに4番手のポジションをキープ。前半1000mが59秒3と平均ペースだったこともあり終始手応えは良く、直線に向いてから外目に追い出すと一気に伸び、内から迫る2着馬の追撃を封じ見事に勝利。

前走の小倉記念(GⅢ)では速い流れの中で先行し、着順こそ6着でしたが3着馬からはコンマ3秒差と負けて強しの内容でした。前走は早め先頭で目標にされる形でしたが今回は前を見る形で進出できましたし、2-2-0-1と相性の良い京都替わりも味方しました。

1番人気のボッケリーニは、半馬身差まで猛追するも2着止まり。

スタートもまずまず決まり、内目の先行争いを見ながら中団の7番手あたりを追走。ポジションが内目だったこともあり馬場の良い外に持ち出すことはできませんでしたが、インを強襲すると上がり最速タイで猛追し、半馬身差まで詰め寄りましたが2着と惜敗。

オープンクラス初戦の前走は、後の府中牝馬ステークス(GⅡ)勝ち馬の決め手に屈指ましたが、実力をしっかりと証明。今回も惜しくも2着でしたが常に安定したレースぶりには目を見張るものがあり、次走以降も引き続き上位争いを演じてくれるでしょう。

3着にはゴール前での脚が際立った、7番人気のヴァンケドミンゴが入りました。

前半はいつものように後方で脚を溜める展開で、坂の下りを利して徐々に進出を開始。直線の入口でやや進路が詰まる場面もありましたが、直線に向いて追い出しを開始すると残り100m付近から一気に上位進出し、コンマ2秒差の3着と好走。

前走は重賞ながらコンマ3秒差の3着と上位争いを演じた同馬。全4勝は全て福島コースで、他で馬券圏内を確保したレースも中山・福島と小回りコースだったことから京都の外回りが疑問でしたが、その不安を覆す好走だったと言えるでしょう。

競馬ノウハウ無料プレゼント

当サイトオリジナルの競馬ノウハウをプレゼントしています!

ここでしか手に入らない有料級の特典を無料プレゼントしていますので、この機会に手にしてください。

有料級の特典を無料プレゼントの詳細はこちら

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)