その他の競馬商材実践検証記事

札幌日経オープン(L) 2020年8月8日(土曜)札幌競馬場 芝2600mの競馬レース結果見解

本日は「札幌日経オープン(L) 」での実践検証となります。

この検証では競馬商品(当サイトからのプレゼント含む)と当サイトオリジナル特典を組み合わせた実践結果をシェアしています。

※これまで扱っていなかった過去のレースをいくつか振り返ってレース考察・レース見解を行っています。

札幌日経オープン(L) 2020年8月8日(土曜)札幌競馬場 |出走馬

1.ナイママ 丹内 裕次
2.ルミナスウォリアー 川島 信二
3.シンボ 古川 吉洋
4.ルフィアンキック 石川 倭
5.ソーディスイズラヴ 荻野 琢真
6.デザートスネーク 松田 大作
7.ウラヌスチャーム 横山 典弘
8.ロサグラウカ 横山 武史
9.ブラックスピネル 団野 大成
10.ポンデザール C.ルメール
11.ボスジラ 武 豊
12.ウインイクシード 田辺 裕信
13.ヒュッゲ 吉田 隼人
14.プリンスオブペスカ 藤井 勘一郎

 

札幌日経オープン(L) 2020年8月8日(土曜)札幌競馬場 |レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 10番 ポンデザール
2着 11番 ボスジラ
3着 1番 ナイママ

単勝
10 360円 2番人気

複勝
10 150円 2番人気
11 130円 1番人気
1 280円 6番人気

枠連
6-7 470円 1番人気

ワイド
10-11 260円 1番人気
1-10 1,050円 12番人気
1-11 840円 10番人気

馬連
10-11 650円 1番人気

馬単
10-11 1,190円 1番人気

三連複
1-10-11 3,150円 8番人気

三連単
10-11-1 12,250円 26番人気

 

札幌日経オープン(L) 2020年8月8日(土曜)札幌競馬場 |レース内容

札幌日経オープンが今、スタートしました。

1番のナイママが好スタートを切りましたが、推して9番のブラックスピネル、2頭の間から3番のシンボが主張します。1周目の3コーナーカーブですが、ハナに立ったのは9番のブラックスピネル、リードを広げに行きました。

その後ろからは12番のウインイクシード、内に3番のシンボ、この2頭が並んでいます。1周目の3.4コーナー中間、2馬身あいて、6番のデザートスネーク、内から1番のナイママ、前の5頭が競馬をします。

1馬身半あいて内から4番のルフィアンキック、外に10番のポンデザールが続いていきました。

4コーナーをカーブして1馬身差、中段に13番のヒュッゲ、ホームストレッチを迎えます。

また1馬身あいて、中段よりも後ろ、8番のロサグラウカも中段後方、外に11番のボスジラが並んでいきます。

後方インコースに2番のルミナスウォリアー、2馬身あいて、7番のウラヌスチャームが後方から3番手。4馬身あいて後ろ2頭が5番のソーディスイズラヴ、外に14番のプリンスオブペスカが並んでいます。

1000mの通過は1分2秒くらいのペースです。

1コーナーから2コーナーへと各馬が移っていきます。ほぼ一段の展開です。

馬群を引っ張るのは9番のブラックスピネルです。逃げてリードを1馬身半、2番手に6番のデザートスネークで2コーナーをカーブしていきます。

前の2頭が少し抜け出してきました。2番手から2馬身半あいて12番のウインイクシード、1番のナイママが4番手2コーナーから向こう正面に出ていって、ナイママ3番手に上がって、前を押し上げていきます。

向こう正面を迎えました。

1馬身差、これも推して10番のポンデザールが前へ迫っていこうとして、この後ろに3番のシンボ、外は11番のボスジラ、中段を追走します。ボスジラから先頭まで間10馬身くらいあります。

1馬身差中段後方に13番のヒュッゲ、そして8番のロサグラウカ、内から4番のルフィアンキックで残り800mです。

3コーナーカーブ2周目です。後方にかけて2番のルミナスウォリアー、14番のプリンスオブペスカ、内は7番のウラヌスチャームが後方から2.3頭目、間があいて5番のソーディスイズラヴが最後方となっています。

これから4コーナーのカーブへ、先頭に立った1番のナイママが4コーナーでリードを1馬身です。

追ってくる9番のブラックスピネルと10番のポンデザール、前3頭の差がなくなって、この後ろ、インコースに12番のウインイクシード、中段から追い上げていくシンボ、その後ろにボスジラ。

直線コースに向かいました。

馬場の三分どころに10番のポンデザールが先頭に立ちます。

残り200mを切って、抜けて、リードを2馬身とりました。

2番手争いはナイママが粘っているところに外からシンボ、そして11番のボスジラ。
追っていますが2番手争いか。

先頭は10番のポンデザールが完全に抜けた!

ポンデザールが先頭ゴールイン!

2着は11番のボスジラです。

3着はナイママが粘ったでしょうか。

1着 ポンデザール(10番)
2着 ボスジラ(11番)
3着 ナイママ(1番)

札幌日経オープン(L) 2020年8月8日(土曜)札幌競馬場 |レース見解とポイント

札幌日経オープンは、芝の2600mで開催されるレースで、札幌最終週に開催される丹頂ステークスと並んで、札幌の2大長距離オープンレースです。

札幌と函館に敷かれた洋芝を舞台にした長距離戦は、馬の適性も大きく影響します。今回、馬券に絡んだ3頭は、いずれも札幌の洋芝で勝利したことのある馬で、洋芝適正が大きく問われる一戦でした。

勝ち馬のポンデザールは、昨年の丹頂ステークスでも強い競馬を披露していましたが、ここでも、中段やや先方で、じっくりと脚を溜め、3~4コーナーにかけてじわりと前に進出します。

逃げるブラックスピネルや、道中ハナに立ったナイママをあっさりかわすと、あとは後続を突き放す競馬で、あっさりと勝ち切りました。

ポンデザールは、昨年の丹頂ステークスを含め、札幌・函館の芝2600m戦で3戦3勝と、適正が合っている上、スローからの出し抜きが非常に得意な馬です。

長距離戦なので、ペースは必然的にスローになりやすいうえ、札幌や函館のコーナーワークも起用にまわることができます。

得意のスロー競馬で、出し切るためのポジションをしっかりと確保し、仕掛けどころも文句なしの強い競馬ができたのは、騎乗するルメール騎手の力量でしょう。ルメール騎手の好騎乗を褒めたたえたいです。

2着に入選したボスジラも2000m~2600mの距離で結果を残している馬で、3歳時には、クラス戦とはいえ、札幌2600mで勝ち切ったこともあります。

クラス戦で制したときは、終始前から競馬を行って、出し抜けたのですが、今回は、道中中段馬群で競馬をすることとなりました。

2周目の3コーナーから4コーナーにかけて、ジワリと進出を図っていますが、今回は、前との間隔が広がりすぎました。

コーナーから直線にかけて、頑張って末脚を伸ばしているのですが、先に抜け出したポンデザールの影を踏むこともできず、ポンデザールから4馬身離されての2着入選でした。

今回ボスジラに騎乗したのは武豊騎手です。今年の早春ステークスを勝った時のように、今回も中段から競馬を行いましたが、如何せん、前との差が広がりすぎていました。

スタミナのある馬なので、道中、前との間隔を詰めていたら、もう少しポンデザールと競り合える競馬ができたかもしれず、道中のポジションの重要性が大きく響いた一戦だったでしょう。

3着のナイママは、前半にブラックスピネルやデザートスネークにハナを譲り、インコースで体力を温存できたのが結果的に良い結果に繋がりました。

元々粘り強い競馬を得意とする馬で、札幌2歳ステークスでは、ニシノデイジーにこそ差されましたが、後に重賞を確保するクラージュゲリエやエメラルファイト、ウィクトーリアらに先着している馬です。

今回も、無理に先頭争いに加わっていたら、最後にばててしまっていたことでしょう。しかし、長距離実績の乏しいブラックスピネルやデザートスネークが失速することを見込んで、ハナを譲り、自分の競馬に徹します。

案の定、バテたブラックスピネルやデザートスネークを後目に、ハナに立って、体力を活かした粘り強い競馬で3着を死守しました。

適正抜群のポンデザールや地力のあるボスジラには敗れてしまいましたが、シンボやヒュッゲといった3歳勢相手には譲らない、この馬らしい競馬ができたと言えます。

個人的にナイママの競馬はダイワスカーレットの粘り強さを彷彿とさせる馬で、逃げの理、先行の理を活かした競馬で勝ちや入着にいきやすい競馬で理に叶っているため、今後も注目していきたいと思います。

 

このような競馬レース予想にオススメの当サイトから配布している無料特典

この3つの無料特典を活用することで、今回のような競馬レースも攻略していくことができます。

特に、この3つの無料特典は、オーソドックスな競馬レース~重賞レースまで幅広く対応してますので、どのレースにも活用していくことができて、競馬収支を上げるポイントを随所に詰め込んであります。

それぞれをシンプルに内容を一言でまとめていくと、
■馬券の極意書
→この無料特典では各馬券種の特徴とポイントをシンプルに分かりやすく解説することを徹底しており、これを見ておくと各馬券種の基本、特徴、ポイント、使い方の目安がわかります。

■三連複投資法 
→三連複投資法は、三連複を誰でも効率良く的中させるためのシステム的な予想法であり、上記の「馬券の極意書」下記の「競馬で月10万以上のお小遣いを稼ぐ方法」とも相性の良い方法の投資法です。

■競馬で月10万円以上のお小遣いを稼ぐ方法
→月10万円以上のお小遣いを稼ぐ方法として、具体的な投資法や馬券術を解説してあり、他の予想法ともアレンジや相乗効果を出すことができる競馬の予想方法を記載してます。

というようなイメージです。

まだ見ていない方は是非ご覧頂き、競馬予想に上手くご活用してもらえれば幸いです。

今回のおすすめ商品の詳細はこちら

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)