その他の競馬商材実践検証記事

第23回 富士ステークス(GⅡ)2020年10月24日(土曜)東京競馬場 芝1600mの競馬レース結果見解

このレース結果見解では行われたレースを踏まえて見解を行っています。当サイトオリジナル特典やプレゼントにてお渡ししている競馬ノウハウと組合せてご覧いただければ幸いです。

本日は「第23回 富士ステークス(GⅡ)」でのレース見解となります。

 

第23回 富士ステークス(GⅡ)2020年10月24日(土曜)東京競馬場|出走馬

1 ブラックバゴ 笹川 翼
2 タイセイビジョン 石橋 脩
3 モズダディー 内田 博幸
4 サトノアーサー 戸崎 圭太
5 ヴァンドギャルド 福永 祐一
6 レイエンダ 池添 謙一
7 スマイルカナ 柴田 大知
8 シーズンズギフト 横山 典弘
9 ケイアイノーテック 津村 明秀
10 ペルシアンナイト 大野 拓弥
11 ラウダシオン M.デムーロ
12 ワーケア C.ルメール

 

第23回 富士ステークス(GⅡ)2020年10月24日(土曜)東京競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 5番 ヴァンドギャルド
2着 11番 ラウダシオン
3着 9番 ケイアイノーテック

単勝 
5 620円 5番人気

複勝
5 220円 3番人気
11 270円 5番人気
9 300円 7番人気

枠連
5-8 1,280円 6番人気

ワイド
5-11 950円 13番人気
5-9 820円 9番人気
9-11 1,350円 24番人気
馬連
5-11 2,430円 10番人気

馬単
5-11 5,210円 26番人気

3連複
5-9-11 7,710円 34番人気

3連単
5-11-9 44,730円 200番人気

 

第23回 富士ステークス(GⅡ)2020年10月24日(土曜)東京競馬場|レース内容

ゲートイン完了です。スタートしました。

好スタートを決めた7番スマイルカナ出て行きます。押して追っていく3番モズダディーが二番手。

三番手には8番シーズンズギフトがつけて行きます。その後に11番ラウダシオン前の4頭が抜け出しました。

前の4頭から3馬身あいて5番ヴァンドギャルド、内から2番のタイセイビジョンが行っています。2馬身開いて6番のレイエンダも中団から行っています。

上がっていく12番ワーケア、すぐ後ろ10番ペルシアンナイトです。3コーナーを目指して行きます。1馬身差後ろから4頭目が4番サトノアーサー、2馬身後ろ9番のケイアイノーテック後ろからら2頭目後方に1番ブラックバゴです。

34コーナー中間を過ぎて緑の帽子2頭が引っ張ります。

8番シーズンズギフト外からわずかに先頭、内7番スマイルカナ並ぶような格好で4コーナーに向かって行きます。

この5馬身6馬身後ろから11番ラウダシオン、外3番モズダディー、内からタイセイビジョンです。すぐ後ろにワーケア、外目からはヴァンドギャルドが上がって行って内にペルシアンナイト。

直線コースに向かいます。スマイルカナが前に出てきました。リードを1馬身とって残り400m。しかし外から8番シーズンズギフト、また並びかけていって後続が追いかけてくる。

ペルシアンナイト馬場の真ん中に持ち出して11番ラウダシオンが一気に伸びてくる。外から5番ヴァンドギャルド、間を狙って内目からペルシアンナイト、外からケイアイノーテック。

広がって残り200mを切りました。馬場の真ん中11番ラウダシオン、外から5番のヴァンドギャルド3頭の追い比べ、内はペルシアンナイトですが、5番のヴァンドギャルドが抜け出した。1馬身抜ける。

5番ヴァンドギャルド先頭ゴールイン。

1着 5番 ヴァンドギャルド
2着 11番 ラウダシオン
3着 9番 ケイアイノーテック

第23回 富士ステークス(GⅡ)2020年10月24日(土曜)東京競馬場|レース見解とポイント

富士ステークスは3歳以上オープンの別定戦で行われるレースです。

昨年まではG3でしたが、今年からG2に昇格しました。昨年のノームコアをはじめ、ロジクライやエアスピネルなどG1戦線でも活躍した馬も出走しており、秋のマイル戦線において非常に重要なレースです。

また、3着まで目を広げると、ディープインパクト産駒や母父サンデーサイレンスが特に強く、今年は3着まで全てディープインパクト産駒や孫でした。

1着にはヴァンドギャルドが入りました。

前走の安田記念では中団前目にポジションを取るこの馬の本来の形で走ることはできましたが、数々のG1馬を前に切れ味を発揮することが出来ず10着に敗れてしまいました。今回も前走と同じコースだったこともあり位置取りは中団で変わらず進めます。

ハイペースとなり差し馬に展開が向く中で、直線うまく外に持ち出したヴァンドギャルドが他の馬との追い比べを制して優勝しました。

前走大敗したからといって脚質を安易に変えずに展開が向くのを待って馬場の良いところから伸びてきたといういくつもの要因が重なった勝利だったと言えるでしょう。

2着にはラウダシオンが入りました。前走のNHKマイルでは逃げるレシステンシアを見る2番手で進め、直線ぎりぎりのところまで待って抜け出し、追い比べを制して9番人気の評価を覆して優勝しました。

秋の始動戦となった今回も逃げ馬を見る形で控える競馬を実行しました。逃げ馬が速いペースで逃げていましたが決して釣られることなく直線に入ってから抜け出そうとしました。

レース運びの面ではほぼ完璧でしたが、外から伸びてきたヴァンドギャルドの勢いもすさまじく、激しい追い比べとなり最後はヴァンドギャルドに一歩及びませんでした。

しかし、今回が初めての古馬との対戦だったにもかかわらずこれだけの結果を残していることから今後のマイルの王道路線での活躍が期待されます。

3着にはケイアイノーテックが入りました。

おととしのNHKマイルを制した後はなかなか掲示板にすら入れない苦しい状況でしたが、今年に入って調子を戻してきており、前走の中京記念では勝ち馬と0秒1差、3着馬とクビ差の4着に入りました。

しかし、今回はG2戦ということもあり6番人気の評価となっていました。レースではいつも通り後方から進め虎視眈々とチャンスをうかがいます。

差しが決まるハイペースとなったことで一気に展開が向き、直線では思いっきり伸びることができました。

勝ち馬とは2馬身半離される形にはなりましたが、伸びて来ての3着であり末脚の力は衰えていないことが証明されました。

競馬ノウハウ無料プレゼント

当サイトオリジナルの競馬ノウハウをプレゼントしています!

ここでしか手に入らない有料級の特典を無料プレゼントしていますので、この機会に手にしてください。

有料級の特典を無料プレゼントの詳細はこちら

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)