競走馬の三大始祖について

競走馬の三大始祖について解説します。

 

三大始祖とは?

三大始祖とは、ダーレーアラビアン、バイアリーターク、ゴドルフィンアラビアンと呼ばれる今から300年ほど前に競争馬の歴史を作る発端となった最古の馬です。

人間でいうところの、祖先に近い、競争馬の根源です。

今走っている馬達の最古と言われる先祖は、この三大始祖に行きつくのです。

厳密にはこの時代も種馬はたくさんいたのですが、競馬史で定められている一般のものでは、三大始祖というとダーレーアラビアン、バイアリーターク、ゴドルフィンアラビアンの三頭ということが定説になっています。

どれも1700年代のお話なので、記録上での確認や伝記の部分もあります。しかしここから、今走っている、競馬界の名馬達が生まれてきたのです。

この内、ダーレーアラビアン系の血統が、競馬界の中では今でも一番優位、強いと言われています。

種馬での一大勢力を誇る有名なサンデーサイレンスにもこの血が受け継がれています。

ダーレーアラビアンはエクリプス系、バイアリータークはヘロド系、ゴドルフィンアラビアンはマッチェム系とも言われ、これらで今の馬達を分けて呼ばれることもあります。

世界の競馬ファンが共通で、国境を越えて知る3頭でもあります。

今現在も活躍している馬の中でも、強い馬の祖先をたどっていくと、最終的にはここに行きついていくという、馬の血統、伝統の深さ感じられるお話です。

競馬のこんな歴史を知っていても、またレースでも違った見方ができるかもしれません。

 

© 2020 DEEP(ディープ)