その他の競馬商材実践検証記事

丹頂ステークス 2020年9月6日(日曜)札幌競馬場 芝2600mの競馬レース結果見解

本日は「丹頂ステークス」での実践検証となります。

この検証では競馬商品(当サイトからのプレゼント含む)と当サイトオリジナル特典を組み合わせた実践結果をシェアしています。

 

丹頂ステークス 2020年9月6日(日曜)札幌競馬場|出走馬

1.ヒシゲッコウ 吉田 隼人
2.ハナズレジェンド 藤岡 佑介
3.バレリオ 石川 裕紀人
4.ヤマカツライデン 団野 大成
5.ボスジラ 横山 武史
6.タイセイトレイル 菱田 裕二
7.スズカロング 亀田 温心
8.プリンスオブペスカ 古川 吉洋
9.バラックパリンカ 大野 拓弥
10.ゴールドフラッグ 荻野 琢真
11.ルミナスウォリアー 川島 信二
12.ウラヌスチャーム 横山 典弘
13.ネイビーブルー 秋山 稔樹
14.ナイママ 丹内 祐次

 

丹頂ステークス 2020年9月6日(日曜)札幌競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 5番 ボスジラ
2着 3番 バレリオ
3着 6番 タイセイトレイル

単勝
5 270円 1番人気

複勝
5 130円 1番人気
3 300円 7番人気
6 250円 5番人気

枠連
3-4 1,120円 5番人気

ワイド
3-5 610円 6番人気
5-6 510円 4番人気
3-6 1,500円 20番人気

馬連
3-5 1,430円 6番人気

馬単
5-3 2,150円 7番人気

三連複
3-5-6 3,700円 14番人気

三連単
5-3-6 13,890円 33番人気

 

丹頂ステークス 2020年9月6日(日曜)札幌競馬場|レース内容

札幌競馬場のメインレース、丹頂ステークスがスタートしました。

好スタートは4番ヤマカツライデン、先頭に立っていきます。1周目の3コーナーに向かいます。外から14番ナイママも行きました。

さらには9番バラックパリンカ、そして4番手は12番ウラヌスチャーム、3コーナーをカーブします。前から5頭目13番ネイビーブルーです。その後は5番ボスジラがいて、そして8番のプリンスオブペスカがいて、さらには外からは11番ルミナスウォリアーです。

後方からは3番バレリオが行って、7番スズカロング、1番ヒシゲッコウ、6番タイセイトレイル、2番ハナズレジェンドは後方、最後方は遅れまして10番ゴールドフラッグ。4コーナーを回ってスタンド前に入ってきます。

先頭は4番ヤマカツライデン、リードが半馬身です。14番ナイママが2番手、9番バラックパリンカが内の3番手、外の4番手に13番ネイビーブルー、前から5頭目に12番ウラヌスチャーム、後は11番ルミナスウォリアーが行って、5番ボスジラは中団グループです。

8番プリンスオブペスカが行って、そして3番バレリオです。あとは7番スズカロング、1番ヒシゲッコウ、2番ハナズレジェンド、6番タイセイトレイル、最後方は変わらず10番ゴールドフラッグです。

各馬第1コーナーをカーブして行きます。先頭は4番ヤマカツライデンが逃げています、リードは1馬身半ゆったりした流れとなっています。14番のナイママが2番手、2コーナーをカーブします。

あとは13番ネイビーブルー、内に9番バラックパリンカ、並んで3番手・4番手。残り1200mを通過し向こう正面へ向かいます。

依然として前から5頭目は12番ウラヌスチャームです。そして11番ルミナスウォリアー、まだ中団にいます5番のボスジラです。さらに外には8番のプリンスオブペスカ、その後は3馬身差7番スズカロング、そして内に3番バレリオ並んでいます。

向こう正面の中間を通過、再び3コーナーへ向かいます。後は6番タイセイトレイル、残り800mを通過。1番ヒシゲッコウ後退気味、交わして内からは2番のハナズレジェンド、さらには外から10番ゴールドフラッグです。

各馬第3コーナーをカーブしていきます。前が替わりました、今度は一気に外から8番プリンスオブペスカが先頭に替わります。14番ナイママが2番手、7番スズカロングも押して押して2番手に上がりまして、5枠2頭が今4コーナーへ向かいます。

そしてこれを見て外から4枠2頭、5番ボスジラと6番タイセイトレイルが差を詰めていって、第4コーナーをカーブ。その後には3番バレリオです。

直線コースに向かいます。

外を回って7番のスズカロングか、間からは5番ボスジラが抜けた。5番ボスジラが先頭。そして内を突いて3番のバレリオが追い込んでくる。あとは、7番スズカロング、6番タイセイトレイルの大勢です。

先頭は抜けた5番ボスジラがゴールインです。

1着 ボスジラ(5番)
2着 バレリオ(3番)
3着 タイセイトレイル(6番) 

丹頂ステークス 2020年9月6日(日曜)札幌競馬場|レース見解とポイント

丹頂ステークスは2600mで行われる長距離戦で、京都大賞典(GⅡ)2着馬タマモベストプレイ、ステイヤーズステークス(GⅡ)勝ち馬リッジマンなど、後に長距離重賞で活躍する馬たちもこの一戦での勝利を機に飛躍しています。

この一戦を制したのは1番人気のボスジラです。

前半の1000mが60秒7と平均ペースで流れる中、内目の7番手を追走。3コーナーから仕掛けを開始し、スムーズに前が開くと直線では力強く伸び後続を完封。終わってみれば2着馬に2馬身差の完勝とも言える内容でした。

前走は勝ち馬に出し抜けをくらった感じでしたが、今回は好位からきっちり抜け出す横綱相撲のレースぶりを見せてくれました。春の重賞2戦では結果が出なかったものの、この勝ち方を見る限りでは重賞戦線でも十分に活躍できる存在と言えそうです。

勝ち馬の後ろを一緒に伸びてきたバレリオが2着となりました。

スタート直後から勝ち馬の後方を追走し、3コーナー過ぎでボスジラが動くとマークするような形で一緒に追い出しを開始。直線では勝ち馬に並びかける勢いもありましたが、最後は離されてしまい2着と惜敗。

前走の七夕賞(GⅢ)は渋った馬場と距離不足で力を発揮できませんでしたが、2走前のメトロポリタンステークスに続き今回も重賞2着馬を抑えていることから、条件次第では十分に重賞でも勝ち負けが期待できると感じます。

3着にはジワジワと差を詰めてきたタイセイトレイルです。

前半は後方3番手を追走していましたが3コーナー手前から徐々に進出し、4コーナーでは先団を射程圏内に捕らえる位置に付きます。ですが、上位2頭が上手く内を回ったのに対し、前の馬が外に膨れるアオりを受け何とか3着を確保するのが精一杯ともったいない結果になりました。

前走は3番人気に支持されながら15着と期待を大きく裏切る結果でしたが、重賞でもコンマ2秒差の2着と勝ちに等しい内容を演じているように能力の高さに疑いようはありません。相手次第では再び重賞でも上位争いを演じてくれるでしょう。

札幌競馬場、芝2600mのコースは回るコーナーの数が多く、外枠の馬が不利になる傾向があります。実力が同程度の馬同士であれば内枠の馬のほうが有利であるため、組み合わせた馬券への色付けは内枠馬を多めにする方が良いと思います。

 

このような競馬レース予想にオススメの当サイトから配布している無料特典

この3つの無料特典を活用することで、今回のような競馬レースも攻略していくことができます。

特に、この3つの無料特典は、オーソドックスな競馬レース~重賞レースまで幅広く対応してますので、どのレースにも活用していくことができて、競馬収支を上げるポイントを随所に詰め込んであります。

それぞれをシンプルに内容を一言でまとめていくと、
■馬券の極意書
→この無料特典では各馬券種の特徴とポイントをシンプルに分かりやすく解説することを徹底しており、これを見ておくと各馬券種の基本、特徴、ポイント、使い方の目安がわかります。

■三連複投資法 
→三連複投資法は、三連複を誰でも効率良く的中させるためのシステム的な予想法であり、上記の「馬券の極意書」下記の「競馬で月10万以上のお小遣いを稼ぐ方法」とも相性の良い方法の投資法です。

■競馬で月10万円以上のお小遣いを稼ぐ方法
→月10万円以上のお小遣いを稼ぐ方法として、具体的な投資法や馬券術を解説してあり、他の予想法ともアレンジや相乗効果を出すことができる競馬の予想方法を記載してます。

というようなイメージです。

まだ見ていない方は是非ご覧頂き、競馬予想に上手くご活用してもらえれば幸いです。

今回のおすすめ商品の詳細はこちら

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)