その他の競馬商材実践検証記事

オクトーバーステークス 2020年10月18日(日曜)東京競馬場 ダート1700mの競馬レース結果見解

本日は「オクトーバーステークス」でのレース見解となります。

 

オクトーバーステークス 2020年10月18日(日曜)東京競馬場|出走馬

1 テリトーリアル 石川 裕紀人
2 ステイインシアトル 武藤 雅
3 フランツ 松若 風馬
4 ランフォザローゼス 北村 宏司
5 アクート 丸山 元気
6 マイネルファンロン 柴田 大知
7 バラックパリンカ 横山 和生
8 ロシュフォール 三浦 皇成
9 オウケンムーン 吉田 豊
10 トリコロールブルー 岩田 康誠
11 マイネルサーパス 石橋 脩
12 ソロフレーズ 江田 照男
13 インビジブルレイズ 戸崎 圭太
14 パンサラッサ 藤岡 佑介
15 マイネルハニー 野中 悠太朗
16 トーセンカンビーナ 内田 博幸

 

オクトーバーステークス 2020年10月18日(日曜)東京競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 1番 テリトーリアル
2着 14番 パンサラッサ
3着 9番 オウケンムーン

単勝
1 3,750円 8番人気

複勝
1 710円 8番人気
14 310円 5番人気
9 1,040円 13番人気

枠連
1-7 4,730円 19番人気

ワイド
1-14 3,890円 38番人気
1-9 11,350円 80番人気
9-14 5,130円 54番人気

馬連
1-14 12,470円 32番人気

馬単
1-14 34,960円 89番人気

3連複
1-9-14 152,650円 266番人気

3連単
1-14-9 1,328,450円 1741番人気

 

オクトーバーステークス 2020年10月18日(日曜)東京競馬場|レース内容

スタートしました。
わずかに1番のテリトーリアルが好スタートを切りましたが、外から14番パンサラッサがグンと上がっていきました。交わして先頭に立って行きました。

その後2番手に1番のテリトーリアルになって、接近は7番のバラックパリンカこれが3番手で緩やかに2コーナー回ります。2馬身3馬身11番のマイネルサーパス4番手で向正面に出ました。

その先頭14番パンサラッサ2馬身のリード。2番手1番テリトーリアル、その外体半分7番バラックパリンカ3番手。

2馬身3馬身11番マイネルサーパス4番手、内2番のステイインシアトル、そして6番のマイネルファンロンとここは三頭一塊。その後ろ7馬身ぐらい空いています。

向正面中間4番ランフォザローゼス。

その後1馬身差8番のロシュフォール中団ですが縦長の展開。先頭まで15馬身ぐらいです。

そのうちに10番のトリコロールブルー、インコース9番のオウケンムーンが続いた中団。

そのあとに16番のトーセンカンビーナ中団後ろです。あとは1馬身あいて3番のフランツで3コーナーカーブ。1000m切ってきました。

3コーナーを回って行きます。そのフランツの後ろからは5番のアクートが入った集団の後方。後は13番インビジブルレイズ3馬身切れました15番のマイネルハニーおしまいから2頭目。2馬身あいて12番のソロフレーズこれが最後方です。

縦に長い展開第4コーナーカーブに入ります。内わずかに14番のパンサラッサ先頭で600mを切りましたがずらりと広がって1番のテリトーリアル、さらに外から7番バラックパリンカ、その外からは11番のマイネルサーパス。

4頭広がって直線に入りました。これらを追ってやや外目8番のロシュフォールが今5番手から前4頭を追っている。

その内から6番のマイネルファンロン、さらに前を行く各馬の間を狙おうという9番のオウケンムーンも迫ってきていますが、外の追い込み勢から10番のトリコロールブルー、さらには13番インビジブルレイズ。

先頭争いは1番のテリトーリアルこれが先頭に立ちました。1番テリトーリアルが先頭14番パンサラッサ2番手後続を離している。

先頭1番テリトーリアルゴールイン。

1着 1番 テリトーリアル
2着 14番 パンサラッサ
3着 9番 オウケンムーン

オクトーバーステークス 2020年10月18日(日曜)東京競馬場|レース見解とポイント

オクトーバーステークスは3歳以上オープンの別定戦で行われるレースです。

また、リステッド競争にも指定されています。

昨年はダイワキャグニーがこのレースを制し、後に今年のエプソムカップを勝ちました。また昨年3着のサラキアは先日の府中牝馬ステークスを制しました。

過去には有馬記念を勝ったゴールドアクターもこのレースを勝っています。

1着にはテリトーリアルが入りました。

前走の鳴尾記念では中団馬群の後方につけていましたが、そこからうまく抜け出すことが出来ず13着と良いところなしの競馬になってしまいました。

今回は4ヶ月の休み明けで初めての東京でのレースということもあり8番人気にとどまりましたがそれを覆しての勝利となりました。

好スタートを決めるとそのまま先手を奪うかと思われましたが、外からパンサラッサにハナを奪われました。

しかし、無理はせず2番手で追走します。4コーナーでこの2頭を含めた4頭が一気に横に並ぶと直線ではパンサラッサとの追い比べとなりましたが、これを制して一気に先頭に立ち、そのまま勝利を収めました。

これまでは先行しても逃げても好走していることが多く、ある程度前に行ければという馬だったので、今回のレースで本来のスタイルを取り戻した形になりました。

また休み明けや左回りも苦にしないことが分かったので今後も先行さえできそうであれば期待して良いでしょう。

2着にはパンサラッサが入りました。前走の神戸新聞杯では中枠から一気に先頭に立ちそのままうまく逃げましたが最後はスタミナが切れて12着に敗れてしまいました。

今回もまずまずのスタートを決めると外枠ではありましたが逃げることを選択しました。そのままマイペースで快調に逃げると直線に入ってもばてることはなく、上り3ハロンのタイムもメンバー中3位と粘り強い走りを見せました。

しかし、最後は2番手にいたテリトーリアルに交わされて2着と惜敗しました。前走は3歳限定戦とはいえ相手関係がやはり厳しいものだったと考えると、今回は比較的楽な競馬ができたように思われます。

最後に粘り切れないのはまだ馬が精神的にも能力的にも成長しきれていないという考え方もでき、今後のレースの中で逃げ粘りができるかどうかは注目すべき点だと言えそうです。

3着にはオウケンムーンが入りました。前走のオールカマーでは8着に敗れましたが巻き返してきた形となりました。

3歳時には東京で共同通信杯も勝っており、未勝利戦も新潟で勝っていることからもしかすると左回りの方が合っているのではないかと思われます。

今後のレースでもその点はしっかり確かめていきたいところです。

このレース結果見解では行われたレースを踏まえて見解を行っています。当サイトオリジナル特典やプレゼントにてお渡ししている競馬ノウハウと組合せてご覧いただければ幸いです。

競馬ノウハウ無料プレゼント

当サイトオリジナルの競馬ノウハウをプレゼントしています!

ここでしか手に入らない有料級の特典を無料プレゼントしていますので、この機会に手にしてください。

有料級の特典を無料プレゼントの詳細はこちら

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)