その他の競馬商材実践検証記事

若葉ステークスL 2020年3月21日(土曜)阪神競馬場 芝2000mの競馬レース結果見解

※これまで扱っていなかった過去のレースをいくつか振り返ってレース考察・レース見解を行っています。

本日は「若葉ステークスL」でのレース見解となります。

 

若葉ステークスL 2020年3月21日(土曜)阪神競馬場|出走馬

1. アドマイヤビルゴ 武豊
2. イロゴトシ 川又 賢治
3. サーストンカイドー 福永 祐一
4. ナムラカミカゼ 和田 竜二
5. ディアマンミノル 松山 弘平
6. ハンメルフェスト 浜中 俊
7. アメリカンシード 川田 将雅
8. オールザワールド 藤岡 佑介
9. ムーンショット 横山 典弘
10. エンデュミオン 藤井 勘一郎
11. アルサトワ 幸 英明
12. キメラヴェリテ 藤岡 康太

 

若葉ステークスL 2020年3月21日(土曜)阪神競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 1番 アドマイヤビルゴ
2着 12番 キメラヴェリテ
3着 7番 アメリカンシード

単勝
1  260円 1番人気

複勝
1  130円 2番人気
12 1,050円 11番人気
7  110円  1番人気

枠連
1-8  1,780円  7番人気

ワイド
1-12 3,590円 34番人気
1-7 210円  1番人気
7-12 2,940円 30番人気

馬連
1-12 11,700円 31番人気

馬単
1-12  14,330円 41番人気

三連複
1-7-12 9,550円 31番人気

三連単
1-12-7 63,230円 183番人気

 

若葉ステークスL 2020年3月21日(土曜)阪神競馬場|レース内容

阪神競馬場で若葉ステークスのレースがスタートしました。

内で1番アドマイヤビルゴ、3番サーストンカイドーが好スタートを切ります。

1番アドマイヤビルゴが僅かに出ていますが外から11番のアルサトワがかわして坂の上り、12番のキメラヴェリテが前へ出て、3馬身4馬身空いて1番アドマイヤビルゴが離れた3番手、その後ろに7番アメリカンシード、8番オールザワールド、1コーナーカーブを回ります。

その後にサーストンカイドー、2番のイロゴトシ、1,2コーナー中間地点にかかります。

12番のキメラヴェリテが飛ばしてリードが6馬身程開いています。

11番のアルサトワが2番手で向こう正面へ、その後ろは2馬身差で1番アドマイヤビルゴが3番手、8番オールザワールドが4番手、1馬身差に7番アメリカンシードが前から5頭目、後は1馬身半開いた中団に3番サーストンカイドー、その内から2番のイロゴトシ、その後差が無く4番ナムラカミカゼ、外は10番エンデュミオン、インコース5番のディアマンミノルが後方から3頭目、1000mを切ります。

1馬身空いて9番のムーンショットが後方から2頭目、最後方は6番のハンメルフェストです。

3コーナーカーブを回って800mを切ります。

先頭は飛ばしている12番のキメラヴェリテ、リードを4馬身から5馬身をキープ、2番手11番のアルサトワ、その後1馬身半差に1番アドマイヤビルゴが3番手、先頭まで7馬身差で600mを切ります。

その後1馬身半差に8番オールザワールド、その内7番のアメリカンシード、これを外から3番のサーストンカイドーがかわしていき、第4コーナーをカーブ、先頭の12番キメラヴェリテは直線コースに入っても3馬身のリードを保っています。

11番のアルサトワが2番手、その外に出した1番のアドマイヤビルゴが3番手から2番手へ変わり、これを追う7番のアメリカンシード、更には3番のサーストンカイドーです。

200mを切って坂を上がり、先頭の12番キメラヴェリテをあっさりとらえた1番のアドマイヤビルゴ、3番手には7番のアメリカンシード、1番のアドマイヤビルゴがそのまま先頭でゴールインです。

1着 アドマイヤビルゴ(1番)
2着 キメラヴェリテ(12番)
3着 アメリカンシード(7番)

若葉ステークスL 2020年3月21日(土曜)阪神競馬場|レース見解とポイント

皐月賞トライアルとなる若葉ステークスは、単勝1番人気のアドマイヤビルゴで、2着馬に2馬身差、1分58秒6という好タイムで勝利しました。

キメラヴェリテがやや早いかというペースでレースを引っ張る中、好スタートを切ったアドマイヤビルゴは中団の先頭で内々を走っています。

阪神の内回りコースという点を考えれば、距離ロスも無く全く無駄の無い走りだったと言えるでしょう。

逃げたアドマイヤビルゴにペースを乱されることも無く、内々で脚を溜め続け、最後の直線では坂を物ともせずあっさり差し切るという、武豊騎手の完璧な騎乗でした。

又、キメラヴェリテが思い切って逃げたことで、馬群が縦長となり内々を走っていても全く他馬の影響を受けずにすんだ事も勝利のポイントだと思います。

思い切った逃げを選択したキメラヴェリテは、単勝10番人気で2着に食い込み大健闘を見せました。

過去5年の結果を見ても先行馬の好走が目立っており、人気薄の馬が穴を開けることも多いことが分かります。

3着のアメリカンシードは人気通りの走りを見せていましたが、4コーナーカーブ後に3番のサーストンカイドーに進路を塞がれた状態になってしまい、最後は惜しくも届かなかったという展開でした。

それでも直線では伸びを見せ、3着に潜り込んだというのは、馬の強さだけでなく、過去5年で4回3着以内に入るという成績を残す川田騎手の上手さもあったように感じます。

 

このレース結果見解では行われたレースを踏まえて見解を行っています。当サイトオリジナル特典やプレゼントにてお渡ししている競馬ノウハウと組合せてご覧いただければ幸いです。

競馬ノウハウ無料プレゼント

当サイトオリジナルの競馬ノウハウをプレゼントしています!

ここでしか手に入らない有料級の特典を無料プレゼントしていますので、この機会に手にしてください。

有料級の特典を無料プレゼントの詳細はこちら

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)