その他の競馬商材実践検証記事

キタサンブラックメモリアル 2020年10月31日(土曜)東京競馬場 芝1600mの競馬レース結果見解

このレース結果見解では行われたレースを踏まえて見解を行っています。当サイトオリジナル特典やプレゼントにてお渡ししている競馬ノウハウと組合せてご覧いただければ幸いです。

本日は「キタサンブラックメモリアル」でのレース見解となります。

 

キタサンブラックメモリアル 2020年10月31日(土曜)東京競馬場|出走馬

1.フォルコメン M.デムーロ
2.フォックスクリーク 岩田 望来
3.ストーンリッジ 石橋 脩
4.ロライマ 横山 武史
5.ロザムール 北村 宏司
6.カイザーミノル 横山 典弘
7.デスティニーソング 江田 照男
8.ウイングレイテスト 松岡 正海
9.キングリッド 津村 明秀
10.ナムラムツゴロー 野中 悠太郎
11.スカイグルーヴ 戸崎 圭太
12.オールイズウェル C.ルメール
13.ドルチャーリオ 田中 勝春
14.ナスノシンフォニー 柴田 善臣
15.ナイトバナレット 武士沢 友治
16.トライン 吉田 隼人
17.ウェーブヒーロー 石川 裕紀人
18.ローズテソーロ 大野 拓弥

 

キタサンブラックメモリアル 2020年10月31日(土曜)東京競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 16番 トライン
2着 8番 ウイングレイテスト
3着 12番 オールイズウェル

単勝
16 2,790円 9番人気

複勝
16 690円 10番人気
8 230円 3番人気
12 150円 1番人気

枠連
4-8 6,310円 21番人気

ワイド
8-16 3,170円 34番人気
12-16 1,640円 16番人気
8-12 630円 4番人気

馬連
8-16 10,480円 32番人気

馬単
16-8 22,930円 62番人気

三連複
8-12-16 10,270円 29番人気

三連単
16-8-12 111,310円 321番人気

 

キタサンブラックメモリアル 2020年10月31日(土曜)東京競馬場|レース内容

東京競馬場の本日の準メインレース、キタサンブラックメモリアルがスタートしました。

4番ロライマ後ろからです。まず先行争いは間から5番ロザムールが行きかけますが、内からは2番のフォックスクリークが出て行きます。さらには3番ストーンリッジで前が3頭。

4番手が10番ナムラムツゴロー、あとは内に6番カイザーミノルが追走して、そしてその外に11番のスカイグルーヴ、3コーナーへ向かいます。残り1200mを通過。

あとは内に1番のフォルコメンが追走して、外は12番オールイズウェルです。そして8番ウイングレイテストが行って、14番ナスノシンフォニー、内には7番のデスティニーソング。第3コーナーをカーブ、残り1000mを通過。

あとは2馬身差で13番ドルチャーリオが行って、9番キングリッド、さらには外16番のトラインが行って、内には4番のロライマの大勢です。

3・4コーナー中間へ、後方から3番手は15番のナイトバナレット、後方は8枠の2頭です。17番ウェーブヒーロー、そして18番ローズテソーロの大勢で、前は残り600mを通過。

第4コーナーをカーブ、今直線コースに向かいます。

僅かに先頭は2番のフォックスクリークか、横に広がってきて追い込んでくる5番ロザムール、残り400mを通過。

そして追い込んでくるのが11番スカイグルーヴです。これから坂を上がります。さらには追い込んで来ました8番ウイングレイテスト、坂を上がった。

さぁ先頭は、今度は外から追い込んで来る16番トラインが今度は先頭に替わった。残り200mを通過した。

さらには間から12番のオールイズウェルが2番手か、8番ウイングレイテスト。そして追い込んで来たのが18番ローズテソーロ。

完全に抜けた、16番トラインが先頭でゴールイン。

1着 トライン(16番)
2着 ウイングレイテスト(8番)
3着 オールイズウェル(12番)

キタサンブラックメモリアル 2020年10月31日(土曜)東京競馬場|レース見解とポイント

当レースは、2017年の年度代表馬キタサンブラックがGⅠ・7勝の輝かしい実績を残すなど中央競馬の発展に大きく貢献し、史上34頭目の顕彰馬に選定されたことを記念して行われる一戦です。

勝ったのは9番人気の伏兵トラインでした。

スタートも良く出たなりで進み、中団の位置を取るかと思われましたが、道中は13番手とやや後方を追走。4コーナー過ぎから徐々に追い出しを開始し、直線で馬場の良い大外に持ち出すと上がり最速タイの脚で一気に伸び、最後は流すほどの余裕で1馬身半差の快勝。

3勝クラスに昇級後4戦を消化し馬券圏内が2度あるように、現級でのメドは立っていたものの、10ヶ月ぶりの実戦だったこともあり人気を落としていました。以前よりもレースぶりに安定感が出てきたことから、オープンクラスに上がっても楽しみな一頭です。

2着には3番人気のウイングレイテストが入りました。

スタートも決まり押しも抑えもせず進むと、中団の9番手を追走する展開に。4コーナー付近から進出を開始すると直線では上手く外目に進路を取り伸びてきましたが、勝ち馬の決め手には及ばず2着争いを制するのが精一杯でした。

1勝の身ではあるもののGⅡでコンマ2秒内の2・3着があるなど、重賞でも勝ち負けを演じている実力の持ち主。古馬初挑戦となった前走は人気を裏切る結果でしたが、約5ヶ月ぶりと久々だったこともあり、一叩きされた今回は実力を示してくれました。

1番人気のオールイズウェルは3着確保が精一杯の結果に。

スタートも良く先行争いを見る形で、好位の7番手と絶好のポジションをキープ。4コーナー手前から徐々に進出を開始し直線でも伸びてはきましたが、勝ち馬には抵抗するまでも至らず、さらには2着馬との叩き合いにも敗れ3着という結果に終わりました。

1勝クラス・2勝クラスと連勝を決め、現級初戦の前走でもタイム差なしの2着と勝ちに等しい内容を披露。これまでのレースぶりからも瞬発力勝負ではやや分が悪い印象に映ることから、若干力の要する馬場の方がよりパフォーマンスを発揮できそうに思えます。

競馬ノウハウ無料プレゼント

当サイトオリジナルの競馬ノウハウをプレゼントしています!

ここでしか手に入らない有料級の特典を無料プレゼントしていますので、この機会に手にしてください。

有料級の特典を無料プレゼントの詳細はこちら

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)