その他の競馬商材実践検証記事

第56回 金鯱賞(GⅡ)2020年3月15日(日曜)中京競馬場 芝2000mの競馬レース結果見解

※これまで扱っていなかった過去のレースをいくつか振り返ってレース考察・レース見解を行っています。

本日は「 第56回 金鯱賞(GⅡ)」でのレース見解となります。

 

第56回 金鯱賞(GⅡ)2020年3月15日(日曜)中京競馬場|出走馬

1. ケイデンスコール 中谷 雄太
2. ラストドラフト 吉田 隼人 
3. ニシノデイジー 田辺 裕信
4. ダイワキャグニー 内田 博幸
5. サトノガーネット 岩田 望来
6. サートゥルナーリア C.ルメール
7. ギベオン 福永 祐一
8. サトノソルタス 藤岡 康太
9. ブレスジャーニー 松若 風馬
10. ロードマイウェイ 川田 将雅
11. ジュンヴァルカン 柴山 雄一
12. マイネルファンロン 丹内 祐次

 

第56回 金鯱賞(GⅡ)2020年3月15日(日曜)中京競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名

1着 6番 サートゥルナーリア
2着 8番 サトノソルタス
3着 4番 ダイワキャグニー

単勝
6 130円 1番人気

複勝
6 110円 1番人気
8 450円 8番人気
4 320円 5番人気

枠連
5-6 670円 3番人気

ワイド
6-8 620円 8番人気
4-6 500円 5番人気
4-8 3,710円 32番人気

馬連
6-8 1,550円 7番人気

馬単
6-8 1,710円 8番人気

3連複
4-6-8 5,880円 20番人気

3連単
6-8-4 14,440円 51番人気

 

第56回 金鯱賞(GⅡ)2020年3月15日(日曜)中京競馬場|レース内容

第56回 金鯱賞のレースがスタートしました。

ほぼ揃ってのスタート、そして先行争いです。横に広がっています。

内から4番のダイワキャグニーが押してまずは先頭に立つ勢いです。外から12番のマイネルファンロンが2番手に上がって前に迫っていきます。

3番手には1馬身離れて7番のギベオンがいます。

その外からは8番のサトノソルタスが並んで行って、その間からは6番のサートゥルナーリアがちょうど3番手集団の間につけています。その後ろには1番のケイデンスコール、2番のラストドラフトがいて、その外には11番のジュンヴァルカンが続いています。
 
各馬が1コーナーをカーブして行きます。

先手をとったのは4番のダイワキャグニーです。リードは1馬身半です。2番手には12番のマイネルファンロンです。

1馬身離れた3番手には外に出して8番のサトノソルタスが追走して行きます。それから1馬身内に7番のギベオンがいて、その1馬身差の5番手の位置に6番のサートゥルナーリア出向こう上面に向かいます。

2馬身空いた内には1番のケイデンスコールがいて、その外は2番のラストドラフトがいます。

2頭の後ろには3馬身離れて3番のニシノデイジーと11番のジュンヴァルカンが並んで、更に1馬身離れたところに10番のロードマイウェイと9番のブレスジャーニーが1馬身差を追走しています。更に3馬身離れた最後方に5番サトノガーネットという展開です。

1000mは63秒6で通過していきました。各馬第3コーナーに向かいます。

4番のダイワキャグニーが先頭でリードは2馬身です。2番手には12番のマイネルファンロンです。800mを通過して、3番手は外1馬身離れて8番のサトノソルタスです。

更に1馬身後ろは7番のギベオンが4番手を進んで、3~4コーナーの中間へ、それに6番のサートゥルナーリアがじわっと接近して600mを通過しました。

その後ろからは2番のラストドラフトと内から1番のケイデンスコールが続いて第4コーナーをカーブしていきます。

ダイワキャグニーが先頭で直線へ向かいます。

400mを通過してその後ろには12番のマイネルファンロンと8番のサトノソルタスが続きます。そしてギベオンは内をついている。

その4頭の外に6番のサートゥルナーリアが楽な手応えで上がってくる。

そして3番のニシノデイジーと更に外から2番のラストドラフトも上がってきて残り200mを通過しました。

さあ先頭は6番のサートゥルナーリアが抜け出しました。ダイワキャグニーが粘っているが、8番のサトノソルタスとの2番手争いです。

先頭は6番のサートゥルナーリアです。サートゥルナーリアが1着でゴールしました。2着には8番のサトノソルタスが入り、3着には逃げた4番のダイワキャグニーが逃げ粘りました。

1着 サートゥルナーリア(6番)
2着 サトノソルタス(8番)
3着 ダイワキャグニー(4番)

第56回 金鯱賞(GⅡ)2020年3月15日(日曜)中京競馬場|レース見解とポイント

2020年3月15日(日曜)に行なわれた 第56回金鯱賞(GⅡ)は中京競馬場で行なわれる別定戦の芝2000mの重賞です。

そんなレースを制したのは、C.ルメール騎手騎乗の断然の1番人気のサートゥルナーリアです。

去年2着になった有馬記念以来の今年初戦のレースでしたが、単勝1.3倍という断然人気に応えて見事勝利を飾りました。

サートゥルナーリアは休み明けではありましたが、落ち着いており、レースでも中断の前目でしっかり折り合い、最後の直線に向かうと満を持して追い出しを開始しました。

逃げ粘る、4番のダイワキャグニーを並ぶ間もなくかわし、先頭に立つと、休み明けを感じさせないような上がり最速タイムとなる33.2秒を繰り出し2着馬に2馬身差をつけて見事勝利し、地力の差をしっかり見せつけた形となりました。

本番はまだ先かと思うので、馬体はまだ先を見据えた仕上げかと思いましたが、しっかり勝ちきる辺りは地力の高さが物語る結果となりました。

2着には8番人気の8番のサトノソルタスが、好位追走から長く良い脚を使い2着を確保しました。3着には逃げたダイワキャグニーが入ったことから先行馬有利の展開でもしっかり余裕を持って勝ちきる辺りは、流石であり、次走はどのレースに出走するかはわかりませんが、今年のレースを賑わせてくれる1頭であるように感じます。

今回の馬券のポイントは、1番人気のサートゥルナーリアとオッズが高くつく実力馬の組み合わせで馬券購入を行うことができたか、ということです。

オッズからみても分かる通り、このメンツにおけるサートゥルナーリアの実力は一つ飛びぬけています。そのためサートゥルナーリアを軸にした馬券を組みやすく、馬連を買うにも、ワイドを買うにもあと1頭だけ選んでその馬が入着すれば馬券を的中させることができます。

幸い、今回のレースは飛びぬけた2番手の実力者がおらず、面白い馬券になる可能性の高いレースでした。

サートゥルナーリアとどの馬を組み合わせたら高配当を高い確率で得ることができそうか、ディープサイトで日々勉強している方であれば今回のレースは簡単に美味しい結果を得ることが出来たのではないでしょうか。

 

このレース結果見解では行われたレースを踏まえて見解を行っています。当サイトオリジナル特典やプレゼントにてお渡ししている競馬ノウハウと組合せてご覧いただければ幸いです。

競馬ノウハウ無料プレゼント

当サイトオリジナルの競馬ノウハウをプレゼントしています!

ここでしか手に入らない有料級の特典を無料プレゼントしていますので、この機会に手にしてください。

有料級の特典を無料プレゼントの詳細はこちら

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)