NAZCA(ナスカ)実践検証評価記事

NAZCA(ナスカ)実践検証記事11~外房ステークス 2019年9月8日(日曜) 中山競馬場10R 1200mの実践検証

NAZCA(ナスカ)の実践検証11です。
本日は「外房ステークス」での実践検証となります。この検証ではNAZCA(ナスカ)と当サイトオリジナル特典を組み合わせた実践結果をシェアします。

外房ステークス 2019年9月8日(日曜) 中山競馬場10R|出走馬

1.スピーディクール 丸田 恭介
2.メイショウミライ 田辺 裕信
3.ゲキリン 津村 明秀
4.ヤマニンレジスタ 松山 弘平
5.エターナルフレイム 大野 拓弥
6.セパヌイール 松岡 正海
7.ビービーサレンダー 武藤 雅
8.レッドアネラ 戸崎 圭太
9.メイショウサチシオ 横山 典弘
10.ブラックランナー 三浦 皇成
11. ディープミタカ 石橋 脩
12. オルトグラフ 北村 宏司
13.タガノアム 岡田 祥嗣
14. ノーフィアー 内田 博幸
15. ヴォーガ 田中 勝春
16. テンクウ 横山 和生

外房ステークス 2019年9月8日(日曜) 中山競馬場10R|レース結果・払戻金

着順
1着 8番 レッドアネラ
2着 2番 メイショウミライ
3着 4番 ヤマニンレジスタ
単勝
8 500円 1番人気 的中
ワイド
2-8 710円 4番人気 的中
4-8 3,690円 47番人気
2-4 2,830円 40番人気
馬連
2-8 2,050円 5番人気 的中
馬単
8-2 3,990円 10番人気 的中

外房ステークス 2019年9月8日(日曜) 中山競馬場10R|レース内容

外房ステークスがスタートしました。
さあ先行争いですが、まずは間から8番レッドアネラ好ダッシュ、さらに内から4番ヤマニンレジスタ2頭が抜けてダートのコースへ入ります。
2馬身差3番手9番メイショウサチシオ、内から5番エターナルフレイム、外は14番ノーフィアー、3頭の後ろに15番ヴォーガ、12番オルトグラフが行きます。
内からかわして10番ブラックランナー2馬身差で差が無く2番メイショウミライ、3番ゲキリン接近しています。
3馬身離れて、6番セパヌイール、16番テンクウ、内は13番タガノアムが続きます。さらに2馬身離れて1番スピーディクール、7番ビービーサレンダー、11番ディープミタカという隊形です。
縦長で3コーナーを廻っていきます。
ハナを切る4番ヤマニンレジスタ、リードは2馬身です。8番レッドアネラ2番手。3番手は14番ノーフィアーと内9番メイショウサチシオ、5番手インコース、5番エターナルフレイム、400を通過します。
ブラックランナーがいて、さらにヴォーガ、その後ろにメイショウミライ。第4コーナーから直線へ向かいます。ヤマニンレジスタが先頭2馬身のリードのままです。レッドアネラが2番手、3番手14番ノーフィアー、間からメイショウサチシオ200を通過します。その後方からメイショウミライとヴォーガ、タガノアムが追って来ています。
さあ前の争い、先頭は8番レッドアネラが捉えました。
ヤマニンレジスタが2番手、その後はメイショウミライが3番手から2番手に接近しています。しかし、1着は8番レッドアネラ、メイショウミライも迫りましたが2番手まででした。このレースは8番レッドアネラが好位追走から押し切りました。
これにより、1着は8番レッドアネラ、2着は2番メイショウミライ、3着には4番ヤマニンレジスタとなりました。

外房ステークス 2019年9月8日(日曜) 中山競馬場10R|レース見解とポイント

秋競馬の開幕週であり、中山競馬場のダート1200mで行なわれた外房ステークスです。
単勝一番人気が5倍台とハンデ戦でもないのに人気がとても割れており、単勝1桁人気が5頭もいて、混戦が予想されたこのレースでしたが、レーススタート直後から好枠から好スタートを切り、すんなり2番手追走した戸崎圭太騎手騎乗の1番人気の8番レッドアネラが直線も好位から力強く抜けだし、1着でゴールしました。
2着には中団から直線鋭く伸びた田辺裕信騎手騎乗の4番人気の2番メイショウミライが入り、3着には、松山弘平騎手騎乗の10番人気の伏兵、4番ヤマニンレジスタが好枠から好スタートを切り、競りかけられることもなくすんなりマイペースでハナを切り、前が止まりにくい開幕集の馬場も味方して、3着に粘りこみました。
直線の短い中山競馬場では、内枠の先行馬が有利と言われていますが、その通りの結果になり、先行馬が差し馬より多く上位に入線しました。
その中でも、2着に入った2番メイショウミライと4着の13番タガノアムは上がりタイムが2位と1位で2着と4着に来ており、1着馬ともタイム差がそれほど無いため、今回は先行馬有利の展開に泣かされた感があり、次走に期待が持てるレース内容です。
結果的に実力通りの着順となり、予想もしやすいレースになったと思います。

NAZCA(ナスカ)実践検証|外房ステークス 2019年9月8日(日曜) 中山競馬場10R

今回はNAZCA(ナスカ)のポテンシャルが発揮された大きくレースです。
今回のレース結果は競馬の教科書のような王道であり、1番人気の馬が単勝倍率5倍を超えているという形で、これは美味しいレースの形の1つです。
特に、
1着 8番 レッドアネラ
2着 2番 メイショウミライ
は、前走成績を見るとわかりますが、共に非常に能力の高い馬で、フォローしておくべき馬です。
レッドアネラはトータル3着内率が7割を超えており、右回りのダートのみの勝率(1着確率)だけで言うと、今回のレースを含めても6割を超えている圧倒的な実力馬です。
これが単勝オッズ人気5倍以上ですから、5回に1回以上、1着に来ると予想できれば期待値的に賭けてOKな馬券(プラス収支になる馬券)ですから、普通に美味しい馬の一頭と言えます。
2番のメイショウミライも強く、直近3レースを見ると3連続連対中で、今回も含めると4連続連対となりました。
これはこの馬を軸に直近4レース賭けていれば全て2着以内以上の馬券は的中しているということなので、とても美味しい馬となります。
この2頭は絶対にフォローしておいた方が良い2頭で、何故か2番人気だったオルトグラフとの前走成績を見比べても、圧倒的にレッドアネラとメイショウミライの方が期待値は高く、この2頭を軸に馬券購入することは必然とも言えます。
NAZCA(ナスカ)はこういった形の王道レースを逃さないことはもちろん、王道~世間の競馬ファンが見抜けないお宝レースまでフォローできます。
万能型であるので、競馬初心者~競馬経験者まで、今もし競馬商材に迷っているなら、迷わずNAZCA(ナスカ)をとりあえず検討すると間違いがありません。(データも揃っており、過去の全レース分析からお宝レースが選別できて賭けられるため)
非常に優秀な競馬ツールですので、どんどん活用していきましょう。

今回の実践評価レビュー商品の詳細はこちら

NAZCA(ナスカ)


競馬商材開発者シベリアン
商材名NAZCA(ナスカ)

特典と詳細レビューはこちら

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)