競馬予想記事

中山グランドジャンプ(GⅠ)の予想、レース見解、馬見解(2019年4月13日 土曜 中山競馬場11レース)

こんにちは、ディープです。
今日は、
「中山グランドジャンプ(GⅠ)」
の直前予想、馬分析をしていきます。
発走時刻は15時40分で、今週土曜メインレースの1つです。
土曜日の重賞レースはこの中山グランドジャンプ(GⅠ)とアーリントンカップ(GⅢ)が開催されます。

中山グランドジャンプ(GⅠ)の予想、レース見解、馬短評

ここからが
中山グランドジャンプ(GⅠ)の予想、レース見解、馬短評
です。
中山グランドジャンプは障害レースですので、
『障害専門に走る馬が主に出走しているレース』
です。
ポイントは、
『障害レースでの強さ』
という部分です。
1頭1頭見ていくと、
ニホンピロバロンは、最内枠が取れた馬で、さらに最近の成績は非常に安定しています。
(現在、11連続入着中で、その内10回は連対馬)2走前は今回のレースでも出走するオジョウチョウサンに超大差で敗れましたが、元々のポテンシャルは非常に高いです。
オジョウチョウサンが同じレースにいなければ1番人気でもおかしくは無い馬の1頭です。ミヤジタイガは障害レース専門馬で、4走前は京都ジャンプのGⅢ2着の馬です。シンキングダンサーは前走はGⅡ3着の馬で、実力は普通にある馬です。マイネルプロンプトは前走はペガサスジャンプステークスのオープン1着の馬で、直近4走全て入着馬で、今回も森一馬騎手です。
オジョウチョウサンは後述で解説しますが、近状の障害レースでは圧倒的な実績馬、人気馬であり、人気が突き抜けすぎてしまっています。ラピッドシップは掲示板内に2走入っている馬で、良化することで入着までの期待です。
トーアツキヒカリはオープンレースで苦戦している馬で、障害未勝利戦を勝利したのみの馬なので、これからの調教、実績を上積みしていくことが重要です。
ルペールノエルは4走前のGⅡは2着の馬で、連対している馬です。シゲルボスザルは名前はとても強そうですが(笑)、今回は相手が強く厳しそうです。タイセイドリームは確かな実績馬で、オジョウチョウサンが同じレースにいなければ上位3本の人気、実力に入っている馬です。ヤマニンシルフはそこそこ強く、もう1つ上にいくか展開が向けば入着も現実的になります。
今回の馬短評価はこんな感じです。
特に、このレースの主役であるオジョウチョウサンは圧倒的なジャンプレース実績馬で、なんと今この記事を書いているのが12日の夜(22時)ですが、単勝馬券が1.0倍になってます(笑)100円買うと当たっても100円になってくる、完全な応援馬券化しています(笑)。
ジャンプレースの直近全て1着の怪物馬ですが、逆にこういった馬が一頭いる時はチャンスレースでもあり、3着以内の馬券はワイドなら3着以内馬を2頭、3連複などは3頭当てる馬券ですから、他の馬をオジョウチョウサンとの組み合わせを含め重点的に見ておくことで、良い倍率馬券がGETできる可能性があります。
(2走前の有馬記念は平地レースですので、ジャンプレースとは別物のレースです。近状のジャンプレースでは敵無しの馬となってしまっています。)
オジョウチョウサン以外の馬の組み合わせを見ていくことが大事であり、注目ポイントとして、
『オジョウチョウサンがこのレースに出走していなかった場合、予想はどうなるか?人気はどうなるか?』
という部分に注目し、競馬予想を組み立てていくことが大事です。
オジョウチョウサンは主役ですが、実は影の主役は3着以内に来る他の馬達でもあるため、こういったレースはチャンスレースと捉え、良い組み合わせ馬券を開拓していきましょう。
(こういったレースは、馬の強さが分析できる競馬ツール、競馬ソフト、競馬マニュアルとの相性が良いです。)
ジャンプレースは実績と強さが重要になってくるので、そこから良い人気倍率の馬券を見つけ、的中率と配当率を両立させた馬券をGETしていきましょう。

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)