Monster10 実践検証評価記事

MONSTER10(モンスター10)実践検証記事30~大府特別 2020年9月19日(土曜)中京競馬場 ダート1200mの競馬実践検証

MONSTER10(モンスター10)の実践検証30です。

本日は「大府特別」での実践検証となります。この検証ではMONSTER10(モンスター10)と当サイトオリジナル特典を組み合わせた実践結果をシェアします。

 

大府特別 2020年9月19日(土曜)中京競馬場|出走馬

1 コラード 岩田 望来
2 メイショウバイタル 岩田 康誠
3 リュウシンベガス 長岡 禎仁
4 シゲルオトメザ 和田 竜二
5 メイショウソウビ 幸 英明
6 レッドランサー 坂井 瑠星
7グランマリアージュ 福永 祐一
8 アールロッソ 川須 栄彦
9 ノボベイビー 団野 大成
10 メイショウヒバリ 武 豊
11 カネコメアサヒ 北村 友一
12 レジェモー 泉谷 楓真
13 ハナブショウ 斎藤 新
14 モズベイビー 菱田 裕二
15 パワフルヒロコ 高倉 稜
16 サトノゲイル 藤岡 佑介

 

大府特別 2020年9月19日(土曜)中京競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 8番 アールロッソ
2着 4番 シゲルオトメザ
3着 7番 グランマリアージュ

単勝
8 1,700円 8番人気

複勝
8 410円 9番人気
4 180円 2番人気
7 140円 1番人気

枠連
2-4 740円 1番人気

ワイド
4-8 2,110円 26番人気
7-8930円 8番人気
4-7 370円 1番人気

馬連
4-8 7,340円 24番人気

馬単
8-4 17,020円 52番人気

3連複
4-7-8 5,540円 10番人気

3連単
8-4-7 62,570円 181番人気

 

大府特別 2020年9月19日(土曜)中京競馬場|レース内容

大府特別のレースがスタートしました。

まずダッシュが速いのは4番シゲルオトメザ先手を取りきるか、外から接近は10番のメイショウヒバリ二頭が行きます。

3番手7番グランマリアージュ、そして外は13番ハナブショウ、3番手4番手5番手集団から12番レジェモー上がっていて、内から1番コラード、6番レッドランサー、外は16番サトノゲイル15番パワフルヒロコ中団につけて行きます。1馬身差8番アールロッソ、外に9番ノボベイビーです。

3コーナーカーブして行って後方よりからは5番のメイショウソウビが行っています。3・4コーナー中間に向かってかわしていく、3番のリュウシンベガス。3・4コーナー中間です。

11番カネコメアサヒ、2馬身開いて後ろ2頭2番メイショウバイタルに14番モズベイビーとなっています。

やや縦長4コーナーから直線に向かって残り400mです。

4番シゲルオトメザが逃げていますが外に出して10番メイショウヒバリ差を詰めに行きます。2頭の外から13番ハナブショウが上がってきて坂を登ってきました。4番手内目からは8番アールロッソ、7番グランマリアージュが外から追い込んできて残り200mです。

その後ろから1番コラード、6番レッドランサーも追い上げてきますが、前の争いは粘るシゲルオトメザ、間を縫って8番アールロッソ、外から13番のハナブショウに7番グランマリアージュ追ってきますが

8番アールロッソ、アールロッソかゴールイン!

わずかに最後で8番アールロッソが届いたでしょうか。

1着 8番 アールロッソ
2着 4番 シゲルオトメザ
3着 7番 グランマリアージュ

大府特別 2020年9月19日(土曜)中京競馬場|レース見解とポイント

大府特別は3歳以上2勝クラスの定量戦で争われるレースです。昨年新設された新しいレースで、データはあまりありませんが他のダート短距離のレースと同様に先行した馬の方が残りやすい傾向にはありそうです。

1着にはアールロッソが入りました。
新馬戦で2着の後、連勝して2勝クラスに昇級しましたが、その後は伸び悩みこれが実に2年ぶりの勝利となりました。前走は後方で待機し末脚に懸ける競馬となりました。

その結果、上り3ハロンのタイムではメンバー最速となりましたが、前残りの展開に恵まれず9着に終わりました。今回は中団後方に位置取り、4コーナーから差しに行く競馬となりました。

直線ではやや内目から一完歩ごとにぐんぐんと追い上げてきて、ゴール前でクビ差差し切りました。この馬が好走した時は逃げ先行がほとんどだったので、これまでも逃げさせる競馬が多かったのですが、そこで結果が出ていないことを理解した上で差しに徹するという脚質の良い転換になったのではないかと言えます。

2着にはシゲルオトメザが入りました。
前走の1勝クラスでは5か月の休み明けでしたが逃げてそのままクビ差逃げ切り勝ちを決めました。今回は昇級戦となりましたが、前走の内容も評価され2番人気に支持されました。今回も前走までと同様に逃げ、そのまま直線に入りました。

直線でも逃げ粘り、そのまま勝つかとも思われましたが、最後にアールロッソに差し切られてしまいました。とはいえ、レースの内容自体はこの馬のセンスを活かした逃げをできており、最後もタイム差なしの2着だったことから悪くないものだったと言えるでしょう。2勝クラスでも互角の競馬ができており、次走も期待が持てそうです。

1番人気のグランマリアージュは3着に敗れました。
前走の西部スポニチ賞では逃げてクビ差の2着とまずまずの戦いを見せました。今回は、好位の3番手につけ直線での抜け出しを図りました。

しかし、直線で一瞬進路が塞がれたこともあってか粘るシゲルオトメザや内から襲い掛かってくるアールロッソを捉えることはできませんでした。スムーズな競馬ができるかどうかが今後のカギとなってきそうです。

全体的には、前半600m34秒2、後半600m37秒6というかなりのハイペースになりました。ハイペースの中でも差しが届きにくい形となり、先行していた馬が残りやすかったですが、その中でも差し切り勝ちを収めたアールロッソは着差以上に強いと言えるかもしれません。

また、アールロッソで気になるのは、前走までは凡走が続いていましたが、オッズが前走成績以上に高かったということです。調教や他の前情報によるものかとは思いますが、今レース以降本格化し調子を上げていく場合もあるかと思います。次走はオッズや前情報を十分に加味して馬券に組み入れるのがいいと感じます。

 

このような競馬レース予想にオススメの競馬商品は「MONSTER10(モンスター10)」

MONSTER10(モンスター10)はオッズを上手く活用した競馬予想ができるようになります。オッズを制する者は競馬を制するとも言えるように、オッズは競馬予想に深く関わっています。

特に優良オッズや今回のように高めのオッズ馬の馬券を的中させていきたい人にMONSTER10(モンスター10)は競馬予想の大きな武器、お供として活躍していきます。

MONSTER10(モンスター10)の強み機能の1つである『MONSTER指数』を上手く活用して的中馬券の確率を上げたい人や効率良く競馬予想したい人にもオススメできる競馬ソフトです。

今回の実践評価レビュー商品の詳細はこちら

競馬ソフト開発者:蘆口真史
商材名:オッズ分析ソフトMONSTER10(モンスター10)

MONSTER10の詳細レビューはこちら

 

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)