競馬ソフトBRAIN6 実践検証評価記事

BRAIN6(ブレイン6)の実践検証記事11~日本海ステークス2019年8月17日(土曜)新潟競馬場2200mの実践検証

BRAIN6(ブレイン6)の実践検証記事11です。
本日は「新潟11R日本海ステークス」での実践検証となります。この検証ではBRAIN6(ブレイン6)と当サイトオリジナル特典を組み合わせた実践結果をシェアします。

日本海ステークス2019年8月17日(土曜)新潟競馬場|出走馬

1.バレリオ 石橋 脩
2.ゴージャスランチ 蛯名 正義
3.ノチェブランカ 三浦 皇成
4.ネイチャーレット 野中 悠太郞
5.スティルウォーター 武藤 雅 
6.グランドサッシュ 津村 明秀
7.フェイズベロシティ 戸崎 圭太
8.ステイパーシスト 吉田 豊

日本海ステークス2019年8月17日(土曜)新潟競馬場|レース結果・払戻金

着順
1着 2番 ゴージャスランチ
2着 3番 ノチェブランカ
3着 7番 フェイズベロシティ
複勝
3 260円 4番人気 的中
7 230円 3番人気 的中
ワイド
3-7 420円 6番人気 的中
馬連
2-3 900円 4番人気 的中

日本海ステークス2019年8月17日(土曜)新潟競馬場|レース内容

スタートして綺麗に揃いました。横に広がっての先行争いです。まだ広がっています。
内から2番のゴージャスランチ、すーっと出て行きます。外には3番のノチェブランカ、2頭の後ろにすーっと接近。6番のグランドサッシュ、内には1番のバレリオ、その後ろに5番スティルウオーターがつけて、ちょうど5番手。
外からそれに迫っていく8番のステイパーシスト、間からは7番のフェイズベロシティ、ここは3頭広がって。最後方2馬身差4番のネイチャーレットという体型。
これからゴール番前を通過、2番のゴージャスランチがハナに立ってリードは2馬身。2番手3番ノチェブランカ、3番手外に出して1番のバレリオです。
その後ろ1馬身差内から6番グランドサッシュ、さらに外に8番のステイパーシスト、1コーナーを廻ります。
逃げます2番のゴージャスランチ、リードは2馬身、2番手3ノチェブランカ2馬身半と空いて1番のバレリオ3番手。2コーナーです。それから1馬身6番のグランドサッシュ4番手、じわっと1番バレリオに接近して向こう正面です。
その後ろ1馬身差8番ステイパーシスト、1馬身内は7番のフェイズベロシティ、半馬身差は4番ネイチャーレット、最後方2馬身差5番スティルウオーターという体系。
これから向こう正面の中間を通過します。
逃げます2番のゴージャスランチ、リードは1馬身。2番手に3番ノチェブランカ。そしてその後ろ1馬身差、外1番のバレリオ、3番手を進んでいます。内から接近する6番グランドサッシュ、間半馬身差。8番ステイパーシスト5番手。
さあバレリオが3番のノチェブランカに並んで行って600メートルを通過。その脚ですーっと2番のゴージャスランチに迫っていきます。
前2頭並んでペースが上がります。3番手3番ノチェブランカ、4番手には2馬身差6番グランドサッシュ、ステイパーシスト400通過。
直線に入りました。
ゴージャスランチ先頭、その外から1番のバレリオ迫ってくる。そして内に入って3番のノチェブランカ残り200を通過。
その後ろからステイパーシスト、内はグランドサッシュ、突き放す2番のゴージャスランチそれに迫ってくる3番ノチェブランカ、3番手1番のバレリオとフェイズベロシティ。先頭2番のゴージャスランチゴールイン。
これにより、1着は2番ゴージャスランチ、2着は3番ノチェブランカ、3着は7番フェイズベロシティとなりました。

日本海ステークス2019年8月17日(土曜)新潟競馬場|レース見解とポイント

今回のレースでは新潟競馬場のダートの2200メートルというダートの中距離レースでしたが、2番ゴージャスランチが好スタートからすんなりハナを奪い、他の馬も積極的に競り駆けることなく隊列はすぐ納まりました。
ゴージャスランチはマイペースでの逃げに持ち込めた為、最終コーナーを周り最後の直線に入ってもゴージャスランチの手応えは衰えず、残り200メートルを過ぎても逆に後続を引き離しにかかり、そのまま逃げきり勝ちを収めました。
直線の長い新潟コースの為、差し馬有利かと思われましたが、少頭数ながら割と縦長の展開になり、先行馬有利の展開に、終わってみれば1着、2着が先頭と2番手という前残りの展開に、勝利したゴージャスランチは、同型も少なく好枠から好スタートを切り、すんなり自分のペースでレースを走れたことが大きかったです。
3着に入った、フェイズベロシティは上がり最速で追い込むも前2頭との上がりタイムが0.3秒しか差が無く、前が止まらない展開が着順に響いた可能性があります。
今回のレースは2番ゴージャスランチのスタミナを活かした絶妙な逃げが見事にはまったレースでした。
断然の1番人気に推されていた1番バレリオは3番手の好位を追走するも、直線で伸びを欠き、休み明けが影響したのか見せ場なく5着に敗れました。
人気馬がこけるということは、他の優良馬が良い配当になりやすく、他の馬をいかに見抜けるかが重要となり、今回はまさにそういったレースです。

BRAIN6(ブレイン6)実践検証|日本海ステークス2019年8月17日(土曜)新潟競馬場

固いレースの決着で、もともとのレースの出走頭数が8頭のため、固い決着というのは予想ができます。
実際に今回はオッズの高い馬に絞り、2番人気~4番人気までの馬の組合せを例えば馬連で100円ずつ買ったとしても、3通りのため賭け金は3倍になります。
BRAIN6(ブレイン6)を使うことで、こういった強い馬がわかるので、後は効率良い買い目で馬券を購入することで、収支を効率良く上げていくことができます。
強い馬が見抜けるということは、1番人気がこける可能性が高いレースもわかりやすく、こういった活用方法もオススメです。
BRAIN6(ブレイン6)で強い馬を見抜き、馬券の的中率を上げながら効率良く配当馬券もGETしていきましょう。

今回の実践評価レビュー商品の詳細はこちら

競馬ソフトBRAIN6


競馬ソフト開発者:浅田真人
商材名:日刊コンピ分析ソフトBRAIN6

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)