単撃ロボ4 実践検証評価記事

単撃ロボ4 実践検証記事22~第113回 農林水産省賞典京都記念(GⅡ)2020年2月16日京都競馬場の競馬レースの実践検証

単撃ロボ4の実践検証22です。

今回は「第113回 農林水産省賞典京都記念(GⅡ)」での実践検証となります。この検証では単撃ロボ4と当サイトオリジナル特典を組み合わせた実践結果をシェアします。

 

第113回 農林水産省賞典京都記念(GⅡ)2020年2月16日京都競馬場|出走馬

1. カレンブーケドール 津村 明秀
2. プリンスオブペスカ 藤井 勘一郎
3. クラージュゲリエ 川田 将雅
4. アメリカズカップ 和田 竜二
5. ステイフーリッシュ 岩田 康誠
6. アルメリアブルーム S.フォーリー
7. クロノジェネシス 北村 友一
8. ドレッドノータス 坂井 瑠星
9. ノーブルマーズ A.シュタルケ
10. ガンコ 松田 大作

 

第113回 農林水産省賞典京都記念(GⅡ)2020年2月16日京都競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 7番 クロノジェネシス
2着 1番 カレンブーケドール
3着 5番 ステイフーリッシュ

単勝
7 270円 1番人気

複勝
7 120円 2番人気
1 110円 1番人気
5 130円 3番人気

枠連
1-7 340円 1番人気

ワイド
1-7 180円 1番人気
5-7 230円 3番人気
1-5 210円 2番人気

馬連
1-7 400円 1番人気

馬単
7-1 780円 1番人気

3連複
1-5-7 400円 1番人気

3連単
7-1-5 1,770円 2番人気

返還
返還馬番 3番 返還枠番 3枠 

 

第113回 農林水産省賞典京都記念(GⅡ)2020年2月16日京都競馬場|レース内容

京都11R、農林水産省賞典京都記念のレースがスタートしました。

まずは先行争いです。
4番のアメリカズカップが前の位置です。連れて5番のステイフーリッシュが2番手から前に並びかけます。
 
外から7番のクロノジェネシスが3番手です。
外からは10番のガンコ、間からは8番のドレッドノータスがいて、その後に6番のアルメリアブルームがつけています。

外には9番のノーブルマーズがいて、1番のカレンブーケドールガ後方から2番手を進んで、2番のプリンスオブペスカが最後方を進みます。
 
先行争いから後続を突き放して逃げます4番のアメリカズカップのリードは5馬身程リードしています。2番手は5番のステイフーリッシュ、3番手は8番のドレッドノータスが続き、その後に7番のクロノジェネシスが行きます。

2コーナーを廻ります。
 
外体半分差には10番のガンコ、内からだ半分差には6番アルメリアブルームが追走しております。そしてその外にいるのが9番のノーブルマーズです。
 
その後は若干馬群が開いて1番のカレンブーケドールは後方から2頭目のこの位置で、最後方は2番のプリンスオブペスカです。

各馬が向こう正面を中程を廻って1000m通過タイムは1分1秒1というペースで通過しています。
 
突き放して逃げているのは、4番のアメリカズカップです。
 
もう10馬身以上のリードをとっています。
これから外廻りの第3コーナーを目指して行って2番手には5番のステイフーリッシュがつけています。
 
前とはかなりの差があります。
 
その後ですが、8番のドレッドノータス、7番のクロノジェネシスが続いて、それに並んで行くのは体半分差で10番のガンコが続いています。
 
そしてその後の集団ですが、9番のノーブルマーズがいて、後は6番のアルメリアブルームが続いて。そしてその後ですが、坂の頂上を下り残り800mを通過しました。
 
1番のカレンブーケドールは後方2番手を追走しています。
 
少しずつ前に近づいてきています。
最後方は若干置かれた2番のプリンスオブペスカが最後方です。
 
先頭は残り600mを切りました。4番のアメリカズカップが先頭でリードはまだ5馬身6馬身程のリードがあります。

5番のステイフーリッシュが2番手の位置、7番のクロノジェネシスが上がっていき、その外から1番のカレンブーケドールが一気にかわす構えです。
 
接近してまいりました。先頭は4番のアメリカズカップです。
しかしリードがほとんど無くなって、代わりに先頭に立ったのはステイフーリッシュですがクロノジェネシスも接近してきています。
 
馬体を並べて今度はクロノジェネシスが先頭に躍り出ました。
内で5番のステイフーリッシュも粘っています。
 
ここで1番のカレンブーケドールも前に詰めてきています。そしてその後は9番のノーブルマーズもいます。
 
先頭は7番のクロノジェネシスです。
2番手には1番のカレンブーケドールです。
 
7番のクロノジェネシスが1着でゴールしました。
2着には1番のカレンブーケドールが入り、3着には2番手を追走していた5番のステイフーリッシュが入りました。

1着 クロノジェネシス(7番)
2着 カレンブーケドール(1番)
3着 ステイフーリッシュ(5番)

第113回 農林水産省賞典京都記念(GⅡ)2020年2月16日京都競馬場|レース見解とポイント

2020年2月16日に京都競馬場にて行なわれた11R 第113回 農林水産省賞典京都記念(GⅡ)は、あいにくの空模様の影響で、レース前に発表された馬場状態は重馬場というコンディションでした。

レースは、重馬場巧者の4番のアメリカズカップが一時は2着馬との差を10馬身以上引き離す大逃げを打つトリッキーな展開の中、メンバー中唯一のG1勝馬であった2番人気の7番クロノジェネシスが2着馬を2馬身半差つける圧勝で勝利しました。
 
今年の初戦となる7番のクロノジェネシスは、これまで戦ってきた相手は牝馬だったため、古馬の牡馬とのレースで今後のレースプランを占うという位置づけのレースでした。

レース前に発表された馬体重は前走より+12キロ増えており、まだ余力を残した仕上げではあったかとは思いますが、追い切りでも抜群の動きを見せており、あとは当日の馬場状態と牡馬との力関係がどうかというところでした。

終わって見れば重馬場も苦にせず2着馬に2馬身半差の完勝となりました。これにより距離と古馬の牡馬一線級とも十分に勝負出来る目処がついたので今後のレースプランの幅が広がり楽しみな一頭になりました。
 
僅差で2番人気に推されながらも惜しくも2着に敗れた1番のカレンブーケドールもまだ余裕のこしの仕上げかとは思いますが、重馬場を苦にせず、最後はしっかり伸びており、今年初戦としては上々のレース内容だった為、次走も十分に期待出来るかと思います。

 

〈馬券のコツまとめ〉

クロノジェネシスは体重が12Kgも増加していることがあり、本来の実力よりも少し敬遠された感がありましたが最終的に圧巻の勝利を収めました。

やはりG1という競馬の最高峰のレースを制した実績は非常に強く、下級レースではその実力が如実に出る場合が多い傾向にあります。周囲馬よりも圧倒的なレース実績があり、当日のコンディションも良いようでしたら狙いを1点に狙い掛け金を多くすることで馬券の回収率を高くすることができます。

今回のレースでは特に、3連複→400円、単勝→270円の配当ですので、難しい3連複を頑張って当てるよりも、強い実績を持つクロノジェネシスに狙いを定め馬券を絞った方が効率的に配当率を上げることができます。

 

このような競馬レース予想にオススメの競馬商品は「単撃ロボ4」

単撃ロボ4は
・単勝馬券を当ててシンプルにコツコツ競馬で稼ぎたいと思う人
・複勝馬券をとにかく効率良く当て続けていきたい人
・1着馬の的中率、回収率を底上げした人
にオススメできるシンプルな競馬ソフトです。

他の競馬ソフトよりも目標や機能が明確であるがゆえ、競馬ソフトの中でも使いやすさは抜群です。単勝馬券と複勝馬券を当てていきたい人に昔から愛用されている競馬ソフトでもあります。

単撃ロボ4は単勝予想率が上がることにより、複勝馬券の的中率も同時に上がってくるメリットもあります。

昔、スマッシュヒットした老舗商品である『単撃』が競馬ソフトになって大きく進化したロジックが詰まっているものと言えます。

私は単撃時代から非常にこのロジック、アルゴリズムには競馬予想においてお世話になっているので、優秀な競馬ソフトや競馬ツールが続々と新しいものが出ている中でも思い入れの深い競馬ソフトの1つで、今後もこのロジックが色焦ることは無いでしょう。

それだけ本質的でありシンプルな老舗ロジックである、1着馬予想に特化された競馬ソフトで、単勝馬券や1着馬予想の確率を上げたい人に特にオススメできる競馬商品です。

今回の実践評価レビュー商品の詳細はこちら

競馬ソフト開発者:川田信一
商材名:単撃ロボ4

単撃ロボ4の詳細レビューはこちら

 

ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)