その他の競馬商材実践検証記事

キャピタルステークスL 2019年11月23日(土曜)東京競馬場 芝1600mの競馬レース結果見解

本日は「キャピタルステークスL」でのレース見解となります。
このレース結果見解では行われたレースを踏まえて見解を行っています。当サイトオリジナル特典やプレゼントにてお渡ししている競馬ノウハウと組合せてご覧いただければ幸いです。

キャピタルステークスL 2019年11月23日(土曜)東京競馬場|出走馬

1.エントシャイデン 三浦 皇成
2.シェーングランツ 丸山 元気
3.アンノートル 柴田 大知
4.レッドヴェイロン R.ムーア
5.ソーグリッタリング L.デットーリ
6.カフェブリッツ 津村 明秀
7.コスモイグナーツ 丹内 祐次
8.メイショウオワラ 大野 拓弥
9.プレスジャーニー 松岡 正海
10.サトノアーサー C.ルメール
11.プロディガルサン M.デムーロ
12.ケイデンスコール 北村 友一
13.サトノフェイバー 古川 吉洋
14.サトノキングダム 石橋 脩
15.ドーヴァー W.ビュイック
16.ロワアブソリュー 坂井 瑠星
17.ウインシャトレーヌ 横山 武史

キャピタルステークスL 2019年11月23日(土曜)東京競馬場|レース結果・払戻金

着順 馬番 馬名
1着 15番 ドーヴァー
2着 4番 レッドヴェイロン
3着 13番 サトノフェイバー
単勝
15  2,500円 7番人気
複勝
15  580円 7番人気
4  200円  3番人気
13  1,070円 12番人気
枠連
2-8 3,710円 13番人気
ワイド
4-15 1,940円 20番人気
13-16 10,970円 73番人気
4-13  3,510円 34番人気
馬連
4-15 5,840円  19番人気
馬単
15-4 17,300円  48番人気
三連複
4-13-15 94,190円  171番人気
三連単
14-4-13  680,530円 1107番人気

キャピタルステークスL 2019年11月23日(土曜)東京競馬場|レース内容

キャピタルステークスLがスタートしました。
一線のスタートから14番サトノキングダムと9番ブレスジャーニーが遅れて、間から7番のコスモイグナーツが押して出て行きます。
先頭は7番のコスモイグナーツ、2番手の内に2番のシェーングランツ、外には13番のサトノフェイバー、間から17番のウインシャトレーヌが外から前へと上がっていき、その後5番のソーグリッタリング、内に3番のアンノートルは先団の後ろ、外から6番のカフェブリッツ、らち沿いに1番のエントシャイデン、差が無く4番のレッドヴェイロンがいます。
1馬身後ろに内をついて上がる10番のサトノアーサーは中団の後ろ、その後に15番のドーヴァー、3コーナーを回って行きます。
前半の600は35秒0で入っています。
馬順が入れ替わり、中団の位置に4番レッドヴェイロン、8番メイショウオワラ、この内に10番のサトノアーサーは中団の後ろ、後は15番ドーヴァー、16番ロワアブソリュー、外から11番のプロディガルサンが押し上げます。
12番のがいて、後方2頭に14番と9番のです。
4コーナーにかかる所、単騎先頭の7番のコスモイグナーツはらち沿いリード5馬身で直線へ、やや外に出している13番のサトノフェイバーは前を追って2番手、間を割ろうとシェーングランツ、内から10番のサトノアーサーが差を詰めてきています。
外からは追い込んでくる3番アンノートル、更に6番のカフェブリッツ、馬場の真ん中から5番のソーグリッタリングが先頭13番のサトノフェイバーを捉えにいく、5番のソーグリッタリング、内から10番サトノアーサーです。
その内から15番ドーヴァーが抜けて先頭、2番手は13番のサトノフェイバー、外から猛追するのは4番のレッドヴェイロン、そのまま15番のドーヴァーがゴールインです。

キャピタルステークスL 2019年11月23日(土曜)東京競馬場|レース見解とポイント

今回のキャピタルステークスは三連単の配当が68万馬券となり、荒れた決着となりました。
この日の馬場状態も雨で不良という事もあり、上位人気馬が力を出し切れなかったという見解も出来ますが、勝ち馬のドーヴァー中団の後ろから競馬を進め、徐々に内に進路を取り、4コーナー後の直線では一気に末脚爆発という展開です。
キャピタルステークスは過去3年間で大外から差しを決めたのは、2016年のブラックムーンのみで、それ以外は内らち沿いから好走するという競馬がはまっています。
正に今回のドーヴァーの競馬は、その展開がはまったと言えますが、他頭数で中団後ろからの競馬でこの戦法をとれたのは、外国人騎手の乗り代わりという点や、ドーヴァーの父、アドマイヤムーン産駒は重馬場でも好走しやすい血統なので、今回の馬場状態もばっちりはまったという点も今回の結果に繋がるポイントでしょう。
そして、今回の68万馬券を演出したのが3着のサトノフェイバーです。
12番人気という下位評価でしたが、その理由は前走、前々走に凡走や大敗を喫したからです。
そう聞くと下位人気には納得ですが、実は三走前の「六甲ステークス」では、今回の人気馬、ソーグリッタリングとプロディガルサンに負けはしましたが、この2頭に次いで3着という重賞好走歴があり、地力の高さは証明済みだったのです。
前走の大敗は鼻出血という原因もはっきりとしており、力負けしたという訳ではなかったのです。
地力ある馬が前走、前々走の結果だけで過小評価されただけで、三走前の内容を知っている人であれば、馬券予想に含んでいたのではないでしょうか。

<% metaKeywords %>

当サイトからの競馬ノウハウ無料プレゼント

当サイトオリジナルの競馬ノウハウをプレゼントしています!
ここでしか手に入らない、有料級の特典を無料プレゼント中なので、この機会に手にしてください。
有料級の特典を無料プレゼントの詳細はこちら
ディープ競馬商品販売

© 2020 DEEP(ディープ)